image
image

clear
yum

WOOLY HAWGTAIL ウーリーホッグテイル

WOOLY HAWGTAIL ウーリーホッグテイル
もともとボディーの側面に大きなパドルが付けられたのはディスプレイスメントの効果を求めたところにもあった。従ってフリッピングなどでは使うアングラーも多かったのだが、実はこの手のワームは沈下姿勢も良く、キャロライナ・リグでその強さを発揮していた時期もあった。ボディー形状にはリングワームの発想を用いているので、テキサス・リグで食い渋るバスに対してライト・リグのショート・キャストで着底後に少し時間をおいてからシェーキングをかけてやると リブの間に挟まった空気がボディーから離れて確実にバスを刺激する。ホッグテールは本当に使い道の多いワームの1つと言えるだろう。

このシリーズに含まれるモデル一覧

福岡ホームページ制作&WEBシステム構築専門会社 | 株)フレクションコンサルティング