image
image

clear
booyah

SWIM N JIG スイミングジグ

SWIM N JIG スイミングジグ
底が平らな、アローヘッド形状のジグヘッドであるスイミンジグは、1/4オンス(7g)、3/8オンス(10.5g)、1/2オンス(14g)が用意されており、フックとヘッドとラインアイが直線状に配列されている。スイミンジグは、厚いカバーやグラスを貫通させることが出来る。スイミンジグのためにエクスキャリバーTx3 フックが特別仕立てでデザインされており、マグナム型の赤いラトルとスカートカラーに隠されたトレーラーキーパースパイクがあなたの釣りを変える。

<ヒロ内藤ポイント解説>
ここ数年間、トーナメントでも非常に注目されたのがブーヤースイミングジグであった。基本的にはスピナーベイトだと思って使う感覚が良い。つまり、通常のジグよりは数段早いスピードでリトリーブするのだが、なんと言ってもキーポイントはゾーンコントロールだと思う。アメリカで、今、最も話題を集めるバスプロ、ティ ムホートンが大好きなスタイルだ。 スイミングジグのキモはゾーンとリトリーブスピードとのバランスだ。2007年度新製品として、3/8オンスがラインナップに加わることによって同じリトリーブスピードならば更に浅いゾーンを狙うことが出来る。また、同じゾーンを狙うのであれば、リトリーブスピードを落とすことが出来るので悔い渋るランカーに対してアプローチの幅を広げることが出来る。 最近ではブレード付きのスイミング・ジグに話題の中心は移っていったが、今でもトーナメント界ではアローヘッドのノンブレードスイミングジグは必要不可欠なルアーカテゴリーとなっている。そこで2008年度は完成度を高めるために1/4オンスと言うシャローの超ヘビーカバー周りで必ず使用頻度が上がってくるサイズを今までのラインナップに追加することとなった。バンクフィッシャーマンにとっても嬉しいサイズだと思う。スイミングジグを使いこなすためのタックル設定は6フィート半を超える少し長めで、パワーもミディアムヘビー位を選ぶと良い。もちろん、ラインは最低でもナイロン20ポンド、出来れば25ポンド位を使うと良い。ちなみにティムホートンを始めとするバスプロ他との多くは7フィートのロッドを使っていることが多い。<ヒロ内藤>

このシリーズに含まれるモデル一覧

福岡ホームページ制作&WEBシステム構築専門会社 | 株)フレクションコンサルティング