image
image

clear

BANDIT バンディット

BANDIT バンディット
バンディット・ルアーは、1976年にジム・ウインターによってミシシッピー州で産声をあげました。最初の頃はスピナーベイトを作っていました。1980年になって、バンディットは今では人気となった200シリーズを作りクランクベイト市場に参入しました。そしてこの200シリーズは、一般のアングラーだけでなく瞬く間に多くのトーナメントアングラーに愛用されるルアーとなりました。その後、バンディットは200シリーズ以外に100シリーズ、300シリーズ、そしてフットルースという実績と信頼のルアー達を生み出していきました。バンディット・ルアーが同じミシシッピーのクリス・ロスに引き継がれ運営されるようになってから、フラットマックス、レッジ250、ウォールアイバンディットのディープとシャローの両バージョンの人気シリーズが加わっていきました。バンディット・ルアーのカラーバリエーションは、クランクベイト市場でも他に類を見ないほど評判がよく、「Land it with a Bandit」(バンディットで釣り上げろ)と言われるほど多くのアングラーに愛されています。バンディット・ルアーは、2014年10月にプラドコ・アウトドア・ブランドに加わりました。ブランドマネージャーは引き続きクリス・ロスが行います。

カテゴリーへのショートカット

福岡ホームページ制作&WEBシステム構築専門会社 | 株)フレクションコンサルティング